2020年11月12日

膿胸治療、終了…なのか?

11月4日朝通院し、膿胸発覚、そのまま入院となったよっちゃん。
6日の記事で、カテーテルを胸腔に入れて貰い、内部を洗浄しているとお伝えしておりました。

440.jpg

土曜日夜、病院に面会に行くと、驚くほど元気で、盛大にゴロゴロ言いながら甘えるよっちゃん。
三姉妹の中で一番怖がりで、いつも姉妹の後ろに隠れるようにしてたのに。
なにこれ、違う猫?って位の変わりよう。

思うに、膿が貯まる事でしんどかった体が、抗生剤使用と胸腔洗浄で楽になったので、テンションUP!て事なんでしょうね。

でも不思議な事が一つ。
緒方先生も首を傾げていましたが、外部検査に出していた膿の成分から、細菌が培養されなかったと。
膿出てるのに細菌がない?
4日こそ白血球数値は正常値だったけど、白血球上がってきてるのに、細菌なし?

不思議に思いながらも、よっちゃんは食事も進みとても経過がいいので、ひとまず皮下輸液を止めた週末。

日曜日朝は
よっちゃん、変わらずご飯も食べて元気です。
胸郭を洗浄すると、白い濁りがまだ出ますが、顕微鏡で確認すると、好中球がメインで、菌は出ていないので、濁りがほぼなくなったら、カテーテルを抜けるのではと考えています。」


月曜日朝
「よっちゃん、今朝も胸腔にかなり胸水が溜まっていて、どうも、抗生剤が効いていないのかな…と思っています。
本人は元気で食欲もあるのですが、点滴していたころより、ややおとなしいかな…という状況です。

今朝、また点滴を再開して、抗生剤を変更しました。
本来は、培養検査の結果をみて抗生剤を変更するのですが、生えずで返ってきてしまったので、耐性菌の場合によく使われる抗生剤に変更しました。

今日、培養検査をもう一回出させてもらおうと思っています。
抗生剤も、最初に使っていたものよりは、どうしても副作用が出やすいものになってしまうのですが…
点滴しながら使用すれば大丈夫と考えています。
再検査の結果を待っていたら猫ちゃんの体調が悪くなりそうなので、早めに変更させて貰いました。」



火曜日朝
「よっちゃんは点滴と抗菌のおかげか、昨日より元気で、ご飯もガツガツ食べます。
胸水も心なしか少なくなったようにも思いますが、まだ正確にはわからない、といったところです。
胸水がよくなってくれば、明日にでも、血液検査とレントゲンを撮って、良化傾向あれば、カテ抜去も検討しようと思っています。」



火曜夜には面会に向かいました。

438.jpg

437.jpg

丁度、胸腔洗浄するところだったので、動画を撮らせて頂いています。



436.jpg

もう胸水はなく、胸腔内部の洗浄液もほとんど濁りが無い状態になっています。
先生からも、これならカテーテル抜いてもいい頃合いかな、と。

水曜日朝
「よっちゃん、血液検査とレントゲン検査しましたが、膿胸はすっかりよくなっているので、今日カテーテル抜こうと思います。

441.jpg

ただ、血液検査なんですけど、月曜日に白血球が329で高値だったんですが、今日は白血球320で、変わらず高値です。
なのでおそらく、今使ってる抗生剤が効かない菌がいるんじゃないかと…。

今調子いいのは、点滴のおかげと、大部分の菌がこれまでの治療でいなくなったからで、また、今死んでいない菌が増えてきたら、調子悪くなる可能性はあると思っています。

今後なんですが、培養検査が返ってくるのが、早くて金曜日、下手したら来週になってしまうので、明日退院して、その後は、効きそうな抗生剤を選んでお出ししますので、それを飲んでもらいながら、検査結果を待つのが、一番いいかなと思っています。

土曜日の午前以外はお休みになってしまうので、いくつか考えて薬をお渡しして、結果によって選んで貰う様にしたらいいかと思っています。」



とうことで、水曜夜退院してきたよっちゃん。

433.jpg

子猫室には戻さず、リビングのケージで体調管理です。

3日夜にここに入った時とは比べものにならない元気さ!にほっと一安心しました。

でも、緒方先生から指示頂いた抗生剤は、かなり苦い様で…
シリンジで飲ませると、最後に泡吹くし、ウェットご飯に混ぜると口付けないし。

困ったなあって思っていたら、昼前に緒方先生から連絡。

「先程、培養検査の結果返ってきたんですが、やっぱり菌は生えずだったんですよ!
どういうことなのか…
ほんとに菌はいないんでしょうか。
白血球があがっているのは、膿胸の影響じゃなくて、手の傷の影響(ほとんど治っているように見えるけど…)等なんでしょうか。

ダイフェンの薬は、確かに苦いんですよね…
食欲が落ちてしまったら本末転倒なので、菌もいないという結果になったから、ダイフェンは一度ストップしたほうがいいかもしれません。

もう、膿胸に関しては、投薬は終了、ということで。
あとは他の部分(手の傷など?)の感染対策で、基本的なパセトシンを飲んでもらおうかと思います。

もし、今後、また体調悪くなって、白血球もあがってくるような状態だったら、敗血症を疑って、血液培養していくか、
あとは、また胸水が溜まるようなことがあれば、FIPも疑っていった方がいいかも…と思っています。
このまま、調子よくいってくれたらいいのですが…」


最後に嫌な病名がチラッと出てきはしましたが、膿胸に関しては投薬終了!ということになりました。
なんとなく、まだすっきりはしないから、パセトシンを続けるので、よっちゃんのご縁探しは引き続き保留です。

でもとにかく、一命を取り留めたと言えるでしょう。

435.jpg

カテーテル入れていた穴は、退院日の朝縫い閉じて貰っていましたが、夜の退院時には自分でさっさと抜糸済ませていました…あかんやん(笑)


入院から今まで、インスタグラム通じて多くの方に応援して頂きましたが、きっとそのパワーをよっちゃんがちゃんと受け取ってるんだと思います。
本当にありがとうございます。

439.jpg

引き続き、投薬が続きますが、パセトシンは苦く無いし、よっちゃんの負担も少ないはず。
早くご縁募集が再開できる様、お世話頑張りますので、見守っていてやってくださいね!




▪️Twitterも見てね▪️



posted by いよだとばん&むう at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

膿胸・怪我は治っていても要注意

3日のお見合いでご縁が決まった茶トラ女子、よっちゃん。

432.jpg

お見合いの時、あれ、ずいぶん大人しく抱っこされてるな、希望者さんと相性いいのか〜♪と呑気に構えていたら、夕方からぐったり。
風邪でも引いたかな、ここしばらく体重増えてないし、今夜あたり熱上がるのかもな、と。

子猫室から出して抗生剤飲ませてリビングケージで保温して安静に。
でも水さえ飲まない状態なので、皮下輸液。
心配で撫でると、今までゴロゴロ言ったことないのに、ゴロゴロ。
あれ、ゴロゴロ言えるんなら大丈夫?
でも呼吸早いなあと感じて聴診器当てても肺の音は綺麗だと思えるし、やきもきしながら一晩。

朝になっても同じ状態でおしっこもしてないから、圧迫排尿。綺麗な状態の尿を確認。
ゴロゴロは言ってくれない…

病院が開く時間に合わせて、主治医の元へ走りました。

血液検査しても、白血球は正常値。
上がってるか下がってるかしてると思ってたのに、正常値。

ぐったりしてる様子からなんらかの感染症の症状なのに、原因特定できず、主治医の緒方先生とともに頭を捻りながら、検査続行。
通院後すぐ、静脈から点滴して貰っているので、若干身体が楽になったのか、よっちゃんは少し顔に生気が戻っていたのが希望です。

3日11時にミルベマックス飲ませてるので、その副作用も考えたけど、容量は間違いないし、薬の副作用にしては時間が長いし。
レントゲン撮って、若干心臓が大きいか?少しだけど胸水溜まってるか?というレベルで、
腹部胸部のエコーもじっくり診て貰って、小さい体で大変ではあるけど胸水抜いてみようということで実行。

426.jpg

結果、溜まっていたのは膿、膿胸でした。

425.jpg

原因は、保護される前、手先に怪我した部分からの細菌感染が濃厚です。

最初の原因の候補に、緒方先生から手の怪我の可能性は出ていたけれど、お互い綺麗に治っているからそれはないか、と除外してました。
行政職員さん達も、怪我に気付かないくらい、綺麗に治っていたし、見様によっては先天性かと思える状態です。

でもその怪我は密かに細菌感染を起こしていて、体の深部に細菌を運んで、結果胸腔内部に膿が溜まるという流れです。


原因が判明したことで、一気に話が進み、抗生剤の投与を続けながら胸にカテーテルを入れて膿を出しつつ、日に何度か洗浄を繰り返し、綺麗になって膿がでなくなればカテーテルを抜去。
細菌の種類によって抗生剤が決まるので、最初に抜いた膿を外部検査機関に出して特定して貰っていますが、もちろんそれまでにもこれでいけるだろうと考えられる抗生剤を使って治療します。

急いで里親Kさんに連絡し、今回のお話を白紙にして頂きました。
すぐ治る感染症ではなく、数日は入院が必須で、その後も抗生剤の投与が続くので、卒園させるにはそれなりの日数が掛かるから、待って頂くよりは他の子とのご縁を探して欲しいと願いました。

427.jpg


先生からは4日午後、カテーテルが上手く入ったと連絡がありました。
早速胸腔洗浄して貰っています。

428.jpg

よっちゃんまだ500g台の小さな身体だから、カテーテル入れるのはかなり難しい処置だったと思います。

429.jpg

入院ケージの中では、呼吸が楽になるように、酸素も送って貰っています。


5日は生憎1日中、本業の講習会受講があって、お見舞いに行けず。
でも先生が様子を知らせてくれています。

「よっちゃん、変わらず横になったままですが、今朝は少し顔をあげたり、できるようになっています。
昨日一晩は、全く動かず、このまま呼吸が弱くなっていくかも、と心配しましたが、大丈夫でした。
もう少し動きが出てきて、食欲もでてこればいいのですが。
引き続きお預かりします」


夜には
「よっちゃん、少しずつですが、反応が出てきて、夕方にはフードも少し食べてくれました。
自宅に連れて帰っていますので、土曜日まではこちらでみますね。
このまま、上向いてくれますように。
ゴロゴロはまだです…
体調もまだなんだろうけど、撫でてるのが伊與田さんじゃないからかもしれません^^;
また経過報告しますね」


430.jpg

実はよっちゃん、もともとゴロゴロいう子じゃないんです。
なのに体調悪くなった際、撫でるとゴロゴロ言い出したのでびっくりしました。
体調悪くて不安だったのかなあ。
これを機に人との距離が一気に近くなるのを期待したいところです。


そして今日
「ご飯も食べて、鳴き声も出すようになってきました。
ただ、胸郭を洗うとまだ濁りがあるので、油断はできないと思っています。
ゴロゴロは、ご飯をあげる前は少し言うようになってきました。
距離が縮まってるといいですよね。」


431.jpg

こんな感じで、入院してからのよっちゃんは、インスタグラムの記事見て応援してくれている皆さんのパワーを受け取って、頑張っています。
何より緒方先生と病院のスタッフさん達が、とても親身になって治療に当たって下さっています。

皆様、どうかよっちゃんが無事回復して元気になれるよう、応援してやって下さいね。




▪️Twitterも見てね▪️
posted by いよだとばん&むう at 18:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

こんな新入生もいるんです

さて、残りの新入生は御歳16歳のシニアさん。

420.jpg

複数飼育されてた飼い主さん親族が、行政に持ち込んだそうで…

幸い、20歳の白猫さんはじめ同居猫さん達は、先日行政から譲渡が決まって新しい猫生始めています。
この子は長毛で毛玉が酷く、鼻詰りとくしゃみがあるから決まらなかったのかな。

422.jpg

すごく性格の良い子です。
おっとりのんびりムード漂う猫さんで、まさに癒し系。
きっと飼い主さんには大事に慈しんで貰ってたんだろうなあ。

飼い主さんが呼んでいた名前が判らなくて、猫の幼稚園での仮名を考えないといけないなってことで、
インスタグラムでフォロワーさん達に相談したら、
結構おもろい系の案が受けまして(笑)

結果、仮名はつむぎ、相性はでこでこ&つむつむ に決定。

419.jpg

今夜からケージフリーにしてリビングで寛いでいます。

月曜に引き出した後mすぐ主治医の緒方先生に診て貰い、健康診断と酷い毛玉を何とかする為毛刈りして貰いました。

424.jpg

でもまだまだ毛玉ができるから、ばっさばっさと刈り取ってます。
なので現在、なんとも酷いトラ刈り状態です。



木曜までいい感じでご飯食べてたのに、ケージフリーにした途端、食欲不振と下痢嘔吐。
足取りは軽く元気覇気もあるので、鼻詰まり対処の抗生剤続行と食事介助で数日対応していたら、昨日から自食しだして、おまけに可愛く鳴いてご飯おかわり催促、以前よりもっといい感じになりました。
やはり、環境変化に伴うストレスが体調に出たんでしょうね。

421.jpg

木曜夜中、私の布団にやってきて添い寝してくれたんですが、急にベッドから降りたので、どうしたのかと思ったら軽く嘔吐。
お布団汚さない配慮!?
なんとも奥ゆかしいつむつむです。

今は体重が2.7kgしかなくって、まずは目標3kg超え。
ちゃんと食事してくれるならきっと目標達成できるはず。
16歳とは思えない元気さで、おもちゃにも反応するし、健康診断結果も深刻なものはなく、腎臓数値が若干上がってるから、ご飯とサプリメントで対応しようってレベルです。

423.jpg

できる限り、うちの園児はご縁探しをするのが基本ですが、でこでこはうちでのんびり余生を過ごしてくれたらいいと思ってお預かりしました。
でも、もし運命の出会いがあって、もう一度家猫さんになれるなら、こんな素敵なことはありません。
保護猫のままよりも、絶対に幸せ家猫の方がいいですものね。

まあ、これは長年園児生活送ってる、全くやる気のない居残り園児達全員に伝えたいことなんですけどね〜〜(笑)





▪️Twitterも見てね▪️
posted by いよだとばん&むう at 15:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

本格的に秋のシーズン始まりました

昨日の新人紹介に続いて、本日も新入生をご紹介。
月曜日にとある行政からお預かりして、本日パルボ遺伝子検査陰性を確認できたので、隔離室から子猫室へ移動した二匹です。

418.jpg


仮名:はなちゃん 
生後二ヶ月目前ってところかな

417.jpg

アメショー渦巻き模様が綺麗です。
ちょっと怖がりさんですが、抱っこすると体を預けて甘えてくれます。

411.jpg

412.jpg

10/29の体重640g
パルボ遺伝子検査陰性
猫エイズ・猫白血病陰性
三種ワクチン一回近日接種
外部内部駆虫済み

415.jpg

409.jpg

410.jpg


仮名:そのちゃん
生後一ヶ月半位。

403.jpg

407.jpg


青い瞳にベージュ系グラデーション・レッドリンクスの被毛が綺麗な子です。
とても人馴れしており、人に構って貰いたくて、可愛く鳴いて甘えます。
活発に遊ぶタイプなので、なかな可愛い写真が撮れないのが玉に瑕(笑)

404.jpg

10/29の体重470g
パルボ遺伝子検査陰性
猫エイズ偽陽性
猫白血病陰性
三種ワクチン一回近日接種
外部内部駆虫済み

406.jpg

408.jpg

※猫エイズ偽陽性の場合、
ほとんどが母猫の移行抗体の為に検査キットが反応している結果なので、
生後半年位まで成長すると、自己免疫力で陰性になることが多いです。
そのちゃんはとても健康状態が良いので、
そこまで待たず生後二ヶ月になったら、猫エイズ遺伝子検査を実施する予定です。


二匹ともワクチンがまだなんで、お見合い会デビューはもう少し後にしたいところなんですが、
先ほど掲示板に掲載したら、早速お問い合わせがありました。
さっさと卒園しちゃうかな〜〜
お見合いご希望の方、急いでお申込み下さいね。


もう一匹、同じ行政から新入生を迎えています。
インスタグラムではデビュー済みで、いきなり人気者になってます♪
こちらの紹介は又後日、お楽しみ〜





▪️Twitterも見てね▪️
posted by いよだとばん&むう at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

日々進化する三姉妹

それでは引き続き、新規ご縁募集のおちびさん達のご紹介。

396.jpg

■コロコロ■珍しい?茶トラ三姉妹■
https://www.pet-home.jp/cats/osaka/pn339094/

う〜ん、ずっと茶トラは男子の比率が高くて、女子は少なめって思ってたけど、どうしかたことか今年は茶トラ女子がすんごく多いんです。
なんでかなあ?不思議〜

そういえば、今年はまだサビ猫さんが一匹も入園してこないなあ。
去年の2倍のペースで入園してるんだけどなあ。

話が脱線しましたが、三姉妹のご紹介。
仮名は御堂筋線で最後の駅名中百舌鳥からもずちゃん、
そして四ツ橋線から肥後橋駅のひごちゃん、四ツ橋駅からよっちゃんね。

とある行政施設からのお預かり。
職員さん達に、人馴れしてないことをすごく心配されてた子達です。
行政施設より猫の幼稚園の方が、人と接する時間が多くて人馴れできるだろうってことで、やってきました。

一所懸命威嚇します。
ハーシャー賑やかです。
手も足も口も出てこず、攻撃性はありません。
怖がり故の精一杯の威嚇ですね。
それがもう可愛くて可愛くて(笑)

日々、家猫修行することで、徐々に威嚇も減り、可愛い様子を見せてくれるようになってきましたよ。

仮名:もずちゃん
10/27の体重750g

397.jpg

一番好奇心旺盛。その所為か保護時は鳥黐にくっついた痕がありました。
どうやらその際、耳の横も少し怪我したようで、行政職員の獣医師さん達が丁寧に縫って手当てして下さっています。

402.jpg

今も一番最初におもちゃに反応して飛びつくのは、この子。
全く懲りてない(笑)
少しひごちゃんの慎重さを身につけた方が良いのかも!?

仮名:ひごちゃん
10/27の体重810g

398.jpg

いつももずちゃんが行動するのを見てから動く慎重派。

400.jpg

影のボスタイプかも(笑)
そのおかげなのか、どこにも怪我はしていないようです。

仮名:よっちゃん
10/27の体重670g

399.jpg

一番怖がりさん。
片方の前足指先が欠損しています。

395.jpg

主治医の所見では、先天的なものではないので、事故か怪我、もしくは人為的なものかもしれません。

401.jpg

怖がりなのはその所為かも?
でもこんな子が心開いてくれると、本当に可愛くなるんですよね〜。


子猫室では、真菌治療中の名古屋っ子5匹が自由に過ごしているので、まだこの三姉妹はケージ暮らし。
でもたまに、猫好きノブや大吾がちゃっかりケージにお邪魔してナンパしてることがあります(笑)
猫付き合いは全く問題ないみたい。

この週末からは、ケージフリーにしてみるつもりです。
ぜひ三姉妹に会いに来てやって下さいね〜!





▪️Twitterも見てね▪️



posted by いよだとばん&むう at 19:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

超!強運兄妹の募集が始まりますよ!

11月目前のこの頃、猫の幼稚園の子猫室では見慣れた子猫達がみ〜〜んな卒園して、残るは子猫というにはちょっと大きな名古屋っ子5匹と、新入りチャトラーズ三姉妹。

チャトラーズ三姉妹は本日ワクチン接種して、お見合い会デビューの準備万端。
まだ若干人馴れが甘いのですが、まあ日々家猫修行に励んでおります。

ここで三姉妹を詳しくご紹介、のその前に!

実は先にご紹介したい四兄妹がいるんです。

394.jpg

9月16日に、とある行政からお預かりした四兄妹。
一緒に引き出したあん・おん・たんの三兄妹は、ゆみこさんちでお世話して貰い、この三匹はさつきさんちへお願いしました。

行政施設に収容されたのは、9月11日(金)、
引き出したのは9月16日(水)、その日のうちにさつきさんちへ移動。
黒メス 284g 黒メス 288g キジオス 265g キジオス325g
当初は、食欲旺盛、たまに軟便になるとパセトシンで対応。
順調に体重が増得ていました。

パルボ遺伝子検査の検体採取したのは、9月28日(月)。
この日は検便もしたんですが、そこでコクシジウムが出て、プロコックスを服用して駆虫。
その夜から全員揃って食欲不振。
下痢嘔吐はなし。

29日(火)から、強制給餌
体重は横ばい。
29日、4匹中1匹誰かが嘔吐。
誰かが下痢。

10月2日(金)午後、陽性の連絡あり
(本当は前日判明していたそうですが、病院がお休みでこの日の連絡だったそう)
当日の四兄妹は、食欲不振ではあるものの、元気あり。
少し軟便。
行政に連絡、他の収容猫達に問題ないことを確認して一安心。


四匹は顕著な症状ではないものの、やはり覇気がなかったり、食事をしなくなったり。
タミフルと抗生剤の服用、インターキャット、皮下輸液を続けて貰い、さつきさんには非常に苦労をかけました。
当時の四兄妹は、400gあるかないかの小ささ。
この大きさの子に皮下輸液するのは結構大変なんです、さつきさん、ありがとうございました。

そんなさつきさんとご家族の尽力もあり、10月5日(月)には目に力が宿り、下痢嘔吐が無くなって、四匹は無事生還。

相変わらず強制給餌と点滴が必要な日々を過ごしましたが、
遺伝子検査で全員のウイルス排出期間が終わったことが、今日確認できました。


保護から行政収容、パルボ発症までの経緯を考えると、この子達は小さかったから、母猫の移行交代で守られていたんではないかな?と考えています。
たまたまタイミング良く遺伝子検査して、陽性結果が出たことですぐタミフルなどの治療を開始できたのと、母猫の抗体のおかげで重篤な症状ではなかったから、生還できたのかなと。
本当に超!ラッキーな子達です。

この週末に合わせて、猫の幼稚園に移動してくる予定の四兄妹。
めでたくご縁募集開始です。

392.jpg

391.jpg

390.jpg


393.jpg

なにしろさつきさんが手塩にかけて育てた子達なので、それはもう可愛く育ってますよ〜〜!
超!強運な四兄妹なら、迎えて下さったご家族にも、強運を運んでくれそうです。
お見合い希望の方はまずはメールでお申込み下さいね。



▪️Twitterも見てね▪️


posted by いよだとばん&むう at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

放置してた間のご報告

ついついインスタグラムでばかり記事アップしてたら、ブログ放置一ヶ月…まずい!
ということで、慌てて更新します。

前回記事でデビュー告知したかなちゃん、おかちゃん。
遺伝子検査した結果、猫エイズ陽性確定でした。
でもね、二匹を気に入って下さって、主治医さんにも相談し、覚悟を決めて下さったご家族が、二匹一緒に迎えて下さる事が決定しております。

383.jpg

週が明けたらお引越し。


インスタではデビュー済みの黒・黒・きじの三兄妹・あん・おん・たん。

378.jpg

ブログや掲示板でデビューする間もなく、素敵なご縁を射止めておりまして、きじ猫たん君はあとむ君になって、先週お引越し済み。
王子様生活始めております。

384.jpg

あんちゃんおん君の黒猫コンビは、クールビューティなあんちゃんのツレない態度にひやひやしたけど、二匹一緒に見初めて貰って、今度の金曜夜、琵琶湖の畔の新居へお引越し。


379.jpg

私の秘蔵っ子、なんなんなんば君も、随分前からずっと変わらずご支援頂いているご夫妻が、愛猫さんを看取った後、新しく猫さんを迎えるにあたって候補に考えて下さって、土曜日夜からトライアル中。

382.jpg

先住のお姉ちゃん猫さんと仲良くなりたくて、なんなん頑張ってるそうです。
そしてお父さんは、なんなんの可愛さに逆らえず、毎日甘やかしまくっているそうです(笑)



ということで、真夏に入園したちびっこ組で、絶賛残り福を続けているのはながい君だけになりました。

339.jpg

なんどかお話あったんだけどねえ。
なぜか流れるねえ。

真菌でハゲてた頭も、随分きれいになってきたし、そろそろいいご縁に巡り会えるはず。
頑張ろう!



違う意味で頑張って欲しいのは、名古屋っ子の5匹。

入園早々、紅一点の美奈子が、優しい下僕もといお兄さんを捕まえて、さっさと卒園。

380.jpg

お見合いの時は、お兄さんの腕に尻尾絡ませてた癖に、お引越しして新生活始まったら
「いつも隅っこやソファーの下に隠れていることが多いです。
でもたまに気が向いたら、撫でてほしいと鳴いてきます笑」だって!
そしてお兄さんは下僕道まっしぐら〜〜


そんな美奈子はおはぎちゃんになって幸せ家猫満喫中なのに、他の野郎どもときたら、子猫に真菌移されて、先週からあちこちハゲております。
ほんと、今年の真菌強力で、里親様方にもご迷惑おかけしてしまい、申し訳なくて言葉もございません…

子猫たちには飲み薬はきつすぎて使いたくないから、なんとか薬用シャンプーで対応続けておりますが、名古屋っ子の五匹は子猫というより中猫チームなので、もうサクッと飲み薬の服用始めました。

シャンプーするのが大変ってのもあるんだけどね。
なんせまだ人馴れ修行頑張ってるところだから、全身シャンプーするとなると、私もかなり覚悟を決めてかからないといけない訳だ(笑)


388.jpg

387.jpg

大吾とノブは、体重2kgを超えてるので、もう去勢も済ませました。

小吾・ロミ山田・日塩の三匹は、生後4.5ヶ月ってところかなあ。
かな・おかとかあん・おんと比べると、ずっと体がしっかりしてて、子猫子猫した感じはないけれど、大人猫にはまだまだ程遠い。
人間なら第一次反抗期真っ盛り(笑)の時期やね。

385.jpg

386.jpg

人間がおいしいものくれるのも、おもちゃで遊んでくれるのも、優しく撫でてくれるのも、
ちゃんと理解はしてるんだけど、まだおおっぴらに甘えにいけないお年頃。

大吾とノブは、撫でられるとゴロゴロ言いだすんです。
迫力のない、うう〜しゃ〜〜の後にすぐゴロゴロが聞こえてきて、なんとも可愛いもんです。

381.jpg

弟分の三匹は、まだもう少し抵抗したいようですが、シャンプーしてても絶対噛み付いたり引っ掻き攻撃しないいい子達。
この子達がお客様と楽しく遊ぶ日も遠くないはず!
乞うご期待〜〜



▪️Twitterも見てね▪️

posted by いよだとばん&むう at 02:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

入れ替わりが激しくて

いつのまにか子猫わんさかだった子猫室。
連休中のお見合いで、どんどんご縁が決まりました。


残り福は、なんば君とながい君。

377.jpg

339.jpg

そして掲示板デビューしたてのかなちゃんおか君姉弟。

362.jpg

猫エイズ偽陽性ですので、ワクチンの時に遺伝子検査も実施してみようと思います。

375.jpg

子猫計4匹と、
広間ではしゃぎまくっている中猫・生後六ヶ月のべっぷ君はじめ、あんまりやる気のない大人猫達。

376.jpg

いや、他にもデビュー前の子達はいるんですが、
今神戸の乳母様二人に託している三兄弟四兄弟は、まだ乳母様のお許しが出ないので、デビューできず。


これではちと猫不足やん、あかんやん!ということで、
困った時の猫仲間頼り、お馴染み名古屋のリトルパウエイド・石狩挽歌さんが保護した一族6匹をお預かりしました。

なんかもう、そっくり〜〜!
みんな白キジ(笑)
訳分からんわ〜

最初に保護された三兄妹 菅沼班
全員白靴下着用、眉毛付き

369.jpg

371.jpg

370.jpg


日塩班はもう少し小さめの三兄弟

374.jpg

372.jpg

373.jpg


いきなりフリーにするにはちょいハードル高そうなので、水曜から今朝までは隔離室で、
今朝から広間のケージに落ち着いて貰いました。

ハーシャーうるさいけど、本気で手を出す根性はない模様。
美味しいもの作戦とおもちゃ作戦で、ちゃんと陥落するでしょう。

今日おもちゃを見せた時の様子を、インスタグラムにUPしていますので、ぜひご覧くださいね〜。

子猫室の面々のように、人と大の仲良しの子達もかわいいけど、徐々に陥落していく様子もこれまた愛おしいもの。
ぜひ会いに来てやって下さいね。


▪️猫の幼稚園 副理事ハル 公式インスタグラム▪️
ゆっくりペースで復活してますよ〜


▪️Twitterも見てね▪️
posted by いよだとばん&むう at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

二ヶ月前後のおちび8匹、纏めてご縁募集開始!

ワクチン接種が済んだ6匹と、まだ体重が軽くて見合わせた2匹、
そろそろご縁募集を開始します。
ぺっとのおうちをご覧下さいね。


337.jpg

元五兄妹の4匹は、強運猫達。
あれだけ酷い猫風邪を克服できました。
失明必至と思ってた目も、ちゃんと回復。

残念乍ら一匹は身罷ったけれど、この4匹は元気に育ってくれました。


338.jpg

こちらの四兄妹は、体重こそ軽かったものの、猫風邪もなく、順調に育ってくれました。
ご飯食べるのがへたっぴで、いつも顔中汚して食べるので、なんかお顔が薄汚れてしまい、いつも拭き拭きされております。

この週末からお見合い会デビューです。

335.jpg

336.jpg

こ〜んな感じで元気に遊ぶ子猫達と、楽しく触れ合って頂けますよ〜!

猫の幼稚園では新型感染症対策として、
お見合い会は完全予約制で、
一時間に一組のみ、
子猫室貸切状態で、
子猫達と触れ合って頂けます。


写真だけでは判らないその子の魅力を、ぜひ発見してあげて下さいね。


もう2匹、お見合い会デビューする子達がいるんだけど、それはまた後日ご紹介しますね〜


▪️猫の幼稚園 副理事ハル 公式インスタグラム▪️
復活してます、ゆっくりゆっくりのペースですがよろしくね〜


▪️Twitterも見てね▪️




posted by いよだとばん&むう at 19:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

きーにゃんの訃報

お知らせが遅くなりましたが、実は先週金曜日、予てから腎不全闘病していたきーにゃんが永眠致しました。

315.jpg

今はTEAMねこのてさんでM代表として頑張るなおみさんからお預かりしていたきーにゃん。
名古屋港3710猫のGふぉん・つくしと同期・同世代で、とても仲良く過ごしていたきじ猫さんです。

313.jpg

311.jpg

本当に穏やかで、絶対喧嘩しない子で、でもちょっと人は苦手。
意外と人に対しては頑固で強硬なところがあって、だから闘病看護するのは結構大変で。

体はあんまり丈夫じゃなくて、子猫の頃の副鼻腔炎が完治せず、よく洟水が出ていました。

314.jpg

今年になって激ヤセして、闘病開始。
元々細い子でMAX3.5kgだったのが2.2kgまで落ちていたのですが、お薬や点滴頑張った甲斐あって、一時期体重3kgまで戻って、ご機嫌に過ごしていました。

ただね、元気になると途端に闘病に協力的じゃなくなって、点滴するのに大捕物になることも…

そんな状態で闘病が中途半端になったのが悪かったのか、8月に入ってからがくんと調子が落ちていました。

312.jpg

長いお付き合いのSさんは、以前看取った卒園生ひのき改め日向君の面影があるきーにゃんを、とても気にかけて下さっていて、闘病中なんども会いに来てくれたり、サプリメントやご飯を送ってくれたり。
週末、Sさんの手から頂くちゅーるをとても楽しみにしていたのに、8月最後の週末にはもうほとんど食べなくて。

8月30日朝、洗面所のステンレスシンクで寝ているのを見て、体温が下がってきているのを悟りました。

この日は所用で、TEAMねこのてさんへ訪問したので、なおみさんにきーにゃんの経過を伝え、お互い残された時間がもう少ないことを理解し、今後の相談をしました。

もう強制給餌を受け付けない状態なので、無理はせず、毎日の輸液で少しでも楽に過ごせる様に。
これがなおみさんと私が出した答えです。

シリンジでお水を飲ませようとしても、それさえ嫌がるのですが、それでも輸液にはちゃんと応えてくれました。
やはり輸液いれると体が楽になるって、自覚があるんでしょうね。

316.jpg

飲まず食わずの日を過ごし、やっときーにゃんが楽になれたのは、9月4日午後四時過ぎのことでした。

Sさん始め、きーにゃんを慈しんでくれた仲間達がお別れに来てくれて、棺はいつも以上にお花で溢れていました。
土曜日午後、なおみさんK門さんと一緒に、斎場でお別れしてきました。

310.jpg

家猫さんになれなかったけれど、仲良しの猫さんと3匹でいつも楽しそうだったきーにゃん。
一足先に旅立ったGふぉんと一緒に、向こうで楽しくやってるんだろうなと思います。

きーにゃんを慈しんで下さったみなさまに、心から感謝致します。
ありがとうございました。
願わくば、きーにゃんの御霊が安らかでありますように、合掌


▪️猫の幼稚園 副理事ハル 公式インスタグラム▪️
復活してます、ゆっくりゆっくりのペースですがよろしくね〜


▪️Twitterも見てね▪️


posted by いよだとばん&むう at 23:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする