2007年10月18日

ベルさんに留学!?

先のネットデビューでしっかり読者の皆さんのハートをわし掴みにしたぴの君は、今夜ベルさんで診察を受けました。

906jpg

簡単な健康診断ではなく、わざわざ池田のベルさん迄走ったのには訳があります。
実は歩き方が変なんです。
お風呂に入れた時に体中触って怪我が無いことは確認してるのに、右足を付けない。
よくよく右足を触ってみると、どうやら骨折してるらしい。
それもこれだけ痛がらないし腫れてもいないってことは、保護されるずっと前に骨折してるはずで、急がないと折れた足の骨に筋肉がくっついて手遅れになってしまうあせあせ(飛び散る汗)と、慌てて病院迄車走らせました。

907jpg

待合室のキャリーの中でも𕾓ご機嫌さんで、他の猫好きさんからも「可愛い~揺れるハート」を連発されてたぴの君。ほんま、懐こい仔でするんるん

さてさて、今日の診察は内田先生がメインで、事情を話して早速レントゲン撮影。
丁度手の空いた院長先生も顔を出して下さって、触診でまぎれもなく骨折だけど、治療法をどうするかはレントゲンみてから~と相談してると。。。

908jpg

ま~、見事にポッキリ折れてますあせあせ(飛び散る汗)

それにどうも骨密度が低い。
栄養不良によるものか、はたまた内臓疾患によるものかは判断つかないけれど、この所為で思いがけず骨折したのか、それとも彷徨ってる時に虐待や事故にでもあったのか𕾮

保護主ピノコちゃんの話だと、最初に見つけた時はかなり怖がって逃げたそうなので、虐待の可能性も捨てきれません。
今TNR活動頑張ってる彼女のお陰で、あの一帯の猫さんが地域猫として愛される存在になってくれるといいのだけれど。。。

で、肝心の治療ですが、骨折そのものは少なくとも一週間近く前のもの。
少しでも早くピンニング手術してあげないと…と、手術用カレンダーとにらめっこする院長先生。
カレンダーにはびっしり書き込みがあって、どこにも空きがないバッド(下向き矢印)
それでも21日日曜日に無理矢理予定を入れて下さいました。
先生、感謝です𕾯

で、手術迄はビタミンとって、高栄養のもの食べて、今日は抗生剤と痛み止めの注射をして帰ろうとしたら、院長先生と副院長先生の一粒種ひろと君が、ぴの君を気に入っちゃいまして𕾻

909jpg

ご覧の様な状態で、ぴの君も上手に空気読んで(笑)懐く懐くるんるん
ひろと君もお母さんである副院長先生に必死のアピールですexclamation

910jpg

同じ様に足に怪我した保護犬さんを病院の子ぴょこたんちゃんとして迎えたのはついこの間の事。
流石に副院長先生もこれ以上はだめ~𕾽と言いつつも、ぴの君の可愛さとひろと君の熱意に負けて、「手術までこちらで預からせて戴いても宜しいですか𕾮」
勿論私達に異論があるはずもなく、手術迄ひろと君がお世話係に任命されたのでした𕾹
早速いそいそと子猫用ケージを容易して下さった内田先生、ありがとうございます。
その様をみてた葛西先生は「なんで入院𕾮」とびっくりされてましたっけ(笑)


手術の後は勿論入院が必要になりますので、ぴの君が猫の幼稚園に戻ってくるのは少し先になりそうです。

そんな訳で、週末猫の幼稚園の授業参観に行けばぴの君に会える!と意気込んでらした皆さん、ごめんなさいバッド(下向き矢印)
生ぴの君お披露目迄もう少し待ってて下さいね。

911jpg

𕾘まだ体重500g台のぴの君の、細い足の骨にピンを入れる手術は、決して簡単なものではありません。
全身麻酔も必要ですしね。

今迄おおたファミリーの保護猫さんで、怪我や事故等で足を切断した猫さんは多くいて、家猫さんとして暮らすのに何不自由無いのは十分承知しています。
ですが、まずは積極的な治療を。
それでも駄目ならその時は、家猫さんとして多少のハンディはあっても生涯大事にして下さるご家族を見つける迄の事。
それが猫の幼稚園とベル動物病院さんとの共通の考えです。

読者の皆さん、ぴの君の手術が上手く運びます様に、パワー送ってあげて下さいね𕾲

晴れランキング参加中晴れ

アフィリエイト同様、保護猫達の為にポチポチッと宜しくデス(^-^)

banner_04.gif

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ


posted by いよだとばん&むう at 23:59| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3年目

3年前の10月17日に、おおた師匠から始めて猫さんを預かりました。
一期生達は生後5ヶ月程の黒猫君二匹。
今は優しいカメラマンパパの元で、幸せ家猫生活を満喫しています。

おおた師匠にメールして、猫さんの一時預かりを始める時に自分自身で決めたルールがありました。
一つは100匹の猫さんをほんとの家族の元に送り出す事。
もう一つは3年間は続ける事。

最初の100匹目標の方が三年目標よりも後になるかと思っていたのに、半年程早く100匹目を送り出す事が出来ました。
そして10月17日、3年目を迎える事が出来ました。

保護活動は楽しい事ばかりではないですし、いろんなアクシデントやトラブルも経験しました。
ほんとの家族に出会えぬままに亡くなった仔も大勢いるし、マンション大規模改修工事の際に外に出てしまったショコラは未だ行方不明で、とても気掛かりままです。
それでも一時預かりと里親さん探しを続けていこうと思うのは、幸せになった猫さんとそのご家族の存在があるからです。

今迄私の好きな様に活動させてくれたおおた師匠に感謝します。
応援してくれた皆さんに、手伝ってくれた仲間達に、猫達を迎えて下さった里親様達に、保護してくれた保護主さん達に、心から感謝致します。
皆さんに支えられて、猫の幼稚園は活動しています。
本当に心からのありがとうを言わせて下さいね。


𕾘そんな記念の日だった17日、いつものメンバーが集まってくれてました。
和やかに晩ご飯を食べ、そろそろお開き~と言う頃に、一本のメールがとんちゃんの携帯に。。。

神戸の垂水でただ一人、近所の野良猫さん達のTNR運動を続けているピノコちゃんからです。

実は彼女は犬派さんなんです。
でも近所の公園の猫さん達の現状をみて、居ても立っても居られなくなり、いろんな情報を調べ、TNR活動こそが現状の打開策だと信じ、ただ一人で避妊去勢に乗り出す決意をし、実際に行動している素晴らしい方です。

まだ若いお嬢さんの彼女が、一人でこんなに頑張ってるなんて!
一度だけ猫の幼稚園に遊びにきてくれたことがあるんですが、可愛いお嬢さんの彼女のとてつもない行動力にただただ脱帽したものです。
いつかお手伝い出来たら良いな、そう思っていました。

902jpg

そんな彼女が保護した小さな子猫の件で、ヘルプ要請が出ました。

取り急ぎケージ等持って大急ぎで車を走らせます。
何しろピノコちゃんは猫さんと暮らした経験が全くないんですよね。
子猫さんの状態も悪くはなさそうやけど、電話ではイマイチよく判らないし、思い悩むよりもブドウ糖やらなんやら持っていった方が早いやん!ってことでダッシュ(走り出すさま)
もう11時廻ってたのに、私の我侭にとんちゃんとつ~さんが付き合ってくれました。ありがとう~𕾯

つ~さん運転で程なく現地に到着。
ご家族はもうお休み中でしたが、そお~~とお家に入れて頂きました。
段ボールの中にいたのは、生後一ヶ月半程の茶トラ君でした。

で。。。
大阪に連れて帰ってきましたるんるん
ピノコちゃんは猫飼い未経験であることと、TNR活動に忙しいこと、ずっと彼女を手伝いたいと思っていた事など、理由は沢山。
それに三年目の記念日に出会った保護猫さんだし、これも何かのご縁かな~と。

とんちゃんもつ~さんも、同じ思いだったようで反対意見もなく猫の幼稚園に入園となりました𕾓

𕾘さてさて、この茶トラ君はどうも飼い猫出身の様子。
ピノコちゃんが保護した時は怯えていたのか威嚇もあったそうですが、撫でるとゴロゴロが大音量だったそう𕾓
私達が抱き上げても嫌がるどころか、肩に乗っかりご満悦な様子𕾹
撫でるとお尻が上がってしっぽがピ~~ン!グッド(上向き矢印)となります𕾷

904jpg

車の中でも大人しく、ご覧の様に寛いでうとうとし乍ら、お手手もみもみ動作迄でています。

905jpg

猫の幼稚園に到着して、早速お風呂に入って貰いましたが,ご覧の様に大人しく洗われて、大物の片鱗がそこかしこに。。。exclamation

903jpg

タオルドライの後隔離用ケージの用意をし、少しの間ここで様子を見る事にします。

901jpg

体重は560g。
濃い茶色はまるで黄金色で、顔つきはきりりとしてなかなかやんちゃ坊主な風貌です。
仮名は保護主さんへの敬意を込めて、ぴの君と呼ぶ事にしました。
猫の幼稚園94期生で158番目の入園生です𕾓
落ち着いたら早速募集用ページを作り、他の園児と一緒に里親募集開始です。

𕾘こんな訳で、これからも今迄と同じ様にバタバタ忙しい猫の幼稚園になりそうです𕾻
でも流石に園児30匹にはならないよう、ちょっとセーブはしていきますね。
因にぴの君入園で、現在の猫の幼稚園の園児は17匹となりました。


晴れランキング参加中晴れ

アフィリエイト同様、保護猫達の為にポチポチッと宜しくデス(^-^)

banner_04.gif

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
posted by いよだとばん&むう at 04:30| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする