2012年05月31日

三兄弟・絶不調

ぽると・らんど・せめんとの三兄弟が絶不調。
以下三兄弟の体調記録として記します。

336.jpg

日曜日、ぽるとの目が開いたものの白濁と言う感じではないのが気になって、らんどと一緒に通院。

337.jpg

ぽるとの目は傷が原因と判明したので、目薬の変更と追加で対応。
おかげさまで、数日で赤みが随分ましになってきました。

らんどの方の白濁は、写真の様にすっかり綺麗になりました。

338.jpg

でも体重が落ちた…

離乳食食べるの下手だしな〜なんて思っていたら、三匹とも夜に下痢し始めて。

これはコクシでもでたかと、常備しているアプシード投薬開始。


月曜日夜、らんどの体が下痢で酷く汚れていたので、お湯で綺麗にしてドライヤー。
その後はちょこまか元気に走り回っていたけど、どうも食事は進まないので強制給餌。
ぽるととせめんとの方は自分からお皿に顔つっこんでるので一安心だけど、やっぱりまだ下痢してるので、アプシードを多めに投与。


火曜朝と夜にもらんどに強制給餌。
どうも体重の減り方が著しい。
この夜はお見合いが一組あって、ぽるととらんどにも会って貰った。
どちらも抱っこされてご機嫌で、らんども肩にまで登って行く程元気。

でも夜遅くから下痢が酷い所為なのか足腰ふらついてるので要観察。
三匹とも、お水やミルクは飲んでるし、パルボの下痢とはまた違うのでその点は安心なんだけど。
らんどの体温低いのが気になるので、こんな季節だけど暖房シートをケージに入れて温める。
らんどは夜中の給餌をいやがったので、砂糖水に切り替えてみると飲みが良い。


水曜も朝から仕事で、昼前には終わるかと思っていたのが、戻れたのは三時過ぎ。
すぐにらんどの様子を確認すると、どうも足腰のふらつきは神経症状の様に思える。
目があの病気独特のいやな感じ。

来客予定があったけれど、事情を話して延期して頂いて、夕方からの診察に間に合わせて通院。

血液検査の結果は白血球も高めでやっぱりパルボの心配な無い様子。
他の数値も悪くない。
でも脱水は進んでるし、低体温だし、目もうつろ。
点滴と抗生剤・インターフェロン・下痢止めの処置で、暫く毎日点滴他の処置の為通院することに。

一緒に連れて行ったぽるととせめんとは元気もあるので、自宅で続けている抗生剤とアプシード投与をそのまま続行。
念の為、らんどは一匹で別ケージに移動。
暖房をいやがってすぐに冷たいところに移動しようとする。


木曜朝の様子は、下痢止めが効いているようで下痢はなし。
それでもやっぱり意識朦朧としている様子で、神経症状もでている。
猫ミルクを強制給餌。
抗生剤とアプシード投与。

ぽるととせめんとの方は、アプシードが効いて来たのか下痢が収まって色と形が変わって来た。


らんど、FIPの可能性があるんだろう。
腹水は無いからドライタイプの可能性。

以前さすけとかむいが体調崩して、足腰ふらふらになりFIPかもしれないと言われた事ことがあったけど、通院して程なく回復。今は二匹共元気に優しい家族のところで過ごしている、

FIPと言われたときわとたいがも、FIPを押さえ込んで無事成長し、やっぱり幸せな家猫生活を送っている。

らんどもそんな猫さんになれますように。
らんどと一緒に闘病がんばります。
無事乗り切れるよう、見守っていてやって下さい。


晴れランキング参加中晴れ


アフィリエイト同様、
保護猫達の為にポチポチッと宜しくデス(^-^)

banner_04.gif

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

猫「猫 里親募集ランキングへ」
posted by いよだとばん&むう at 07:54| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする