2012年06月13日

あっけなく

6月12日、月曜から火曜に日付が変わった後暫くして、ちびちび黒猫えるぼが、あっけなく身罷りました。

365.jpg

6月3日に推定生後二日で入園したえるぼは、その時94g。
こんな時期でも赤ちゃん猫には保温が大事で、電気あんかを用意して、とにかく温めて。

哺乳瓶からぐびぐび飲める時は、5ccも飲んでくれたけど、吸い付きの悪い時も多く、そんな時にはシリンジでゆっくりゆっくり、2cc。

それでも体重換算からすれば、ちゃんと必要量のミルクを飲んでいるはずなのに、体重はなかなか増えず、6月8日の時点でやっと120g。

10日の日曜日に、えるぼを心配して会いに来てくれた保護主Nご夫妻が見兼ねて、授乳を交代しようかと申し出てくれたけど、先住猫さんがいる環境で、隔離するのが難しいし、今年のワクチンがまだだとのことなので、お気持ちだけ頂戴してこちらで頑張ってみることに。

でも日曜夜には湯たんぽから離れて眠ろうとするようになり、低体温が心配で、寝床を作り直し。

月曜朝はまだ元気があったけど、月曜昼に様子見に戻った時には体重が減っていたのが気になって。
だけどミルクはシリンジでゆっくり3cc飲みました。

夜のミルクもいつもより時間をかけてゆっくり飲ませないといけない状態でした。
1:30に様子を見たとき、おしっこでお腹から下半身が濡れていて、身体が冷えていたのでお湯で綺麗にしてドライヤーで温めて。
暖房を強くして保温し、少し落ち着いたけれど、意識レベルが下がっていて。
結局その後、三時前に力つきてしまいました。

最後のミルクは日付が変わる前の3ccで、その所為かまだお腹はぽんぽんでした。
ぷっくりしたお腹がせめてもの救いですが、でも数時間経っても消化していなかった訳なので、もう消化する力も残っていなかったのでしょう。

人口授乳で育てる猫さんは、どうしても便秘がちで、それが原因でミルクを飲まなくなる事が多いんですが、逆にえるぼはとても便が多かったんです。
下痢も嘔吐もなく、でも便は多くて、体重が増えない。
内蔵が弱くて問題あって、ミルクを飲んでもちゃんと栄養として取り込めなかったんだろうなあ。

水曜日、保護主Nご夫妻と一緒に、えるぼを見送ってきました。

Nさん、保護して頂いてありがとうございました。
お預かりさせて頂いてありがとうございました。
力及ばず、申し訳ありません。

Nご夫妻が、「えるぼが10日間生きた理由は、きっと僕らが猫の幼稚園と出会う為。今後協力出来る事はしたい。だからうちの子達のワクチンも済ませてきました。手が一杯の時は声かけて下さい。」と仰って頂けて、本当に嬉しかったです。ありがとうございます。


でも、泣いてばかりもいられません。
新規入園した4匹の子猫がいます。
こんな𕿀場所・俗に言う所の空家というか廃墟と言うか…にいたんですが、なんともあっけなく4匹とも保護できちゃいました。

368.jpg

詳しい紹介はまた後日。


晴れランキング参加中晴れ


アフィリエイト同様、
保護猫達の為にポチポチッと宜しくデス(^-^)

banner_04.gif

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

猫「猫 里親募集ランキングへ」
posted by いよだとばん&むう at 23:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする