2006年05月31日

和代さん、ありがとうございました

猫の幼稚園の卒園生福来。ちゃん。
FeLVキャリアの猫さんですが、縁合って和代さんに迎えて頂き、京都でお姫様生活を送らせて貰っておりました。

00834.jpg

先日発症してしまったFeLV。
リンパ腫と戦う姿を見守っておりましたが、5月30日に和代さんの胸に抱かれて息を引き取りました。
夕方福来。ちゃんの容態が急変したと和代さんが連絡下さいました。すぐ駆けつけましたが、最期に一目は叶いませんでした。きっと福来。ちゃんは和代さんと二人きりの方が良かったんですよね。最期にやっと素直に甘えられたんでしょう。
謹んで福来。ちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

入園して4ヶ月、卒園して3ヶ月。生後9ヶ月の命の輝きでした。
FeLVキャリアと判ってからは、仲良し姉妹だったのにあかりちゃんだけケージ暮しが始まり、他の猫さんとは離れた生活。
そんな生活が不憫やと、迎えて頂いた和代さんのお家では、ケージはいつも扉を開けたままハウスの様にして使い、どこでも自由を満喫出来る生活をさせて貰いました。

筆まめな和代さんのブログのお陰で、福来。ちゃんファンは全国に広まり、FeLV発症後はとても頼もしい応援団が自然に結成されていました。

福来。ちゃんの生きてる時間は短かったけれど、なんて幸せなにゃんこさんでしょう!

いよだは可愛いあかりちゃんを福来。ちゃんとして、和代さんに託せた事を今改めて光栄に思います。本当にとても感謝しています。あんなに深く愛して頂いて、どれだけあの仔が幸せだったか、ずうっと忘れずにいたいです。

00835.jpg

園児時代のあかりちゃん。短い自由時間に、ばんちゃんとご挨拶しているところです。


𕾘少しだけ、悩んでいます。
今後、保護した仔がFeLVだった場合、無事里親さんに迎えて貰えたとしても、こんなに早くお別れが来てしまう事が判っているのに、里親探しをする事は間違っているのでしょうか?
福来。ちゃんは確かに幸せに暮らせたけれど、和代さんにはとても辛い思いを経験して貰う事になって、何ともやるせない想いもあるのです。

でも、先日のつばめちゃんといよだの事を思い返してみると、やっぱりつばめちゃんがうちに来てくれて良かった!と心から思えるんです。
「お別れするのは辛いけど、一緒に過ごした時間は宝物。うちに来てくれてありがとうね。」
つばめちゃんを見送った時、いよだは確かにこう感じました。
和代さんも今夜そう言って下さいました。
これからもそんな風に思って下さる里親様との出会いがある事を、切に願わずにはいられません。

福来。ちゃん、少しの間、バイバイね。
一日も早く生まれ変わって和代さんとこに還っておいで。皆で待ってるからね。
皆さん、福来。ちゃんと和代さんを応援して下さって、有り難うございます。どうかこれからも、福来。ちゃんの事、忘れないでやって下さいね。
posted by いよだとばん&むう at 04:30| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
RE:
皆さん、コメントありがとうございます。

猫の幼稚園はこれからもキャリアの仔を保護し続けるでしょうし、きっとその輪が広がっていくと確信しました(^-^)
ありがとうございます。
そして一緒に活動して下さる方ももっと増えていくんだろうなあって、感じるこの頃です。
しっかり前向いて進んでいきましょうか。

ねこねこさん
預かり再開のお知らせ、とっても嬉しく拝見致しました。
又ブログにお邪魔させて頂きますね(^-^)
再開第一号のにゃんこはどんな仔かな?ヤム兄ちゃんに可愛がって貰えるといいね~。
Posted by いよだとばん&むう at 2006年06月04日 17:22
福来。ちゃんのところから来ていつも拝見していました。
「虹色おちび~ず」も「つばめ君」も応援していました。

この度の福来。ちゃんの訃報には愕然とし、
とても辛く哀しい事でしたが、
同時に福来。ちゃんから教えられた事もあります。

私は東京で保護猫の預かりをしていましたが、
一身上の都合でその活動を中止しました。
しかし福来。ちゃんの頑張る姿を見ていて、
もっと早く1匹でも多くの猫達が保護できていれば、
病気に感染することもなく、
多くの子が天寿を全うできるのではと思いました。

保護はできても
「預かり先」が絶対的に不足しているのが現状でしょう。
なので私も近々「保護猫の預かり」を再開しようと思っています。
福来。ちゃんの「死」を無駄にしないためにも、
今の私に出来る事をしていきたいと思います。

保護するにも預かるにも「お金と手間と時間」が掛かるのは
今のこのご時世では当然の事です。
いろいろな意見の方もおられますでしょうが、
「猫と人間」が仲良く共生していくためにも
ご理解を戴きたい部分はいろいろございます。

1匹でもいいです。
素敵な里親さんとの出会いをつかむまでの
ほんの少しの間で結構ですから
「預かり主」になって下さる方が増える事を切に願います。

みなさん、どうかご協力をお願い致します。

いよだ園長さま、
これからも益々のご活躍に期待しております。
Posted by ねこねこ at 2006年05月31日 11:51
いよだ園長様
福来。姫とのお別れは本当に寂しいです。
園長が『あかりちゃん』を和代さんに託して下さいました事を
心から感謝致します。
私も2匹の猫と暮らしていますが、もし福来。姫と同じ病気になった
場合、和代さんのように献身的な介護・看病ができるかどうか・・
和代さんにしか出来ない事がいっぱいありました。
福来。姫は幸せそうなお顔をされていました。
福来。姫は・・
また和代さんを選びに来ると私は信じています。

園長様・・
これからも保護猫ちゃん達に幸多い縁結びを
心からお願い致します。

和代さん福来。姫が帰って来るまでに気力&体力を蓄えて

待ってて下さいね。

いよだ園長様もお身体、ご自愛下さいませ。
Posted by りょう&デビル at 2006年05月31日 11:14
和代さん、いよださん、お疲れ様でした。
福来。姫のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

なあもmoushiさんに賛成です。なあはつばめちゃんを見ていて
小さな身体で雄々しく病気と闘う姿に心打たれ、
勇気を貰いました。つばめちゃんと出会えて良かった。
大好きでした。いよさんが後悔をしていないと言うように
福来。姫と出会えたことを和代さんも後悔していないだろうし
これからの出会いも多分そうじゃないかな?と思います。

確かに失う事は身を削るほどに悲しく・苦しいことです。
でも愛にあふれた時間を過ごすこと。それは飼い主にとっても
猫にとっても凄く幸せだと思いますよ。
もう悩まないで下さいね。頑張ってくださいね。
Posted by なあ (アル・セイ・チャイ ママ) at 2006年05月31日 11:11
いよださん 和代さんの支えになって下さり、本当に頼もしい応援団長さんです。お疲れ様です。
亡くす悲しみはとても大きいです。でも 和代さんが福来姫ちゃんに与えて貰った喜びは、それ以上に大きいのだと思います。びくびくしていた姫が、和代さんに心を開いていくそんな姿が、プログからも伺い見ることが出来ました。和代さんのプログにも書いてしまいましたが、不謹慎かもしれませんが、いつか和代さんの為でも姫の代りでもなく、誰かに和代さんの愛の手を差し伸べてあげて欲しいと・・・・。キャリアの子でも、短くても、大きな愛を受ける事は出来ます。
別れは辛いですが、受取る愛はもっと素敵です。だからいよださんも悩まないで下さい。
私が拾った猫ちゃんだって、キャリアかどうかという前に、手を差し伸べました。その子がキャリアだとしても、そうじゃなくても暖かい命ですもの。
あと 福来姫に送ったタオルが、写真に写っていてとても嬉しかったです。私は姫を抱くことはできませんが、私の心は物になり、姫を包んでくれた事が・・・。いよださん これからも頑張って下さいね。
Posted by mouchi at 2006年05月31日 10:44
初めてコメントいたします。
和代さんの猫友のダライ・クマと申します。

福来。ちゃんは残念な結果でしたが
でも最後は幸せな暮らしができてよかったと思います。
私自身、昨年の初夏に里親になりました。
これからも一匹でも幸せな猫ちゃんが増えるように
自分にできる最大限のことをしていきたいと思います。
FeLVキャリアについても、福来。ちゃんから色々と学びました。
次に飼うときはFeLVキャリアの子にしようと思っています。
Posted by ダライ・クマ at 2006年05月31日 09:19
伊與田様
大切なあかりちゃんをお譲り戴きながら、力及ばずこのような結果になり、誠に申し訳なく思っています。どうかお許し下さい。
でも、福来。と暮らした3ヶ月は私にとって宝物でした。素敵な3ヶ月でした。

もし猫の幼稚園にいたままで、発症し、死んだとしたら、その記事を読んで後悔したでしょう。
そう思うと、たとえ3ヶ月でも一緒にいられてよかったです。
私しか知らない福来。も一杯見ましたし。
最後の方は、まだまだ恐がりながらも、甘えてくれましたし。
福来。が死んでも、おおたファミリーの皆様とは仲良くして戴けたらと思っています。
また猫の幼稚園に遊びに行かせて貰っていいですか。
まあ、福来。の良さを認識するだけかもしれませんけれど。(苦笑)
本当に本当にすみませんでした。
そして私に預けて下さって有難うございました。
Posted by 和代 at 2006年05月31日 08:40
コメントを書く
コチラをクリックしてください