2007年01月30日

初めてのレスキュー2

続きです。。。

月曜に、これ以上掛かるようなら奥の手で~と思いつつ連絡を取ると、丁度強制退去の手続きが決まった所だとかexclamation
31日にも執行だそうです。

話はトントン拍子に纏まり、早速その晩に救出に向かうことになりました。
T先生も6時廻れば一緒に動いて下さるし、夕方の打合せが終り次第I病院に向かうことにします。

仕事の段取りし乍らレスキューに持って行く荷物を用意。
生存確認は1匹の猫さんだけ。でももしかするともっといるかも。。。いて欲しい。。。

非常に不衛生な状態になっているだろう場所ですから、多くの動物達に関わる先生も家に保護猫抱える私も、感染症対策をしっかりしなくちゃ!と、ビニール製のレインコートとズボンと手袋とマスクを用意。消毒液もたっぷり。捕獲用に洗濯ネットと分厚いなべ掴み。
連れて帰る為のキャリーも二重に防備して、ご飯も持って。。。でもこのご飯、玄関に忘れて来た。。。𕾶
仕事で会ってたmiemamaさんが出発前に差し入れてくれました𕾯
miemamaありがとうです(^-^)

病院に着くとT先生も大慌てで用意中。ワクチンや血液検査等その場で出来る様にと保冷剤と一緒にパックに詰めて下さってます。
怖がって捕まえられないかもしれないので、捕獲機も用意。
一路空港線を大阪市内へとひた走ります。

約束の時間に少し遅れて現地に到着。
管理会社から二人の男性が立会いに来て下さってました。
残業させてごめんね~~あせあせ(飛び散る汗)

ドアの前には何枚かの張り紙。黒猫を保護したメラニーさんや管理会社さんからのメッセージです。
部屋の主はやはり帰ってないんですね。。。
ドアの前に近づくと、何とも言えない異臭がします。ドアは閉まってるんですけどねバッド(下向き矢印)それでも漂ってくるんです。中の異常さが感じ取られます。

と同時に、必至で鳴き叫ぶ猫の声。

どうやら、玄関ドアのポスト口からも餌を差し入れてもらってた様子。
玄関で人の気配や話声が聞こえたので,必死に鳴いて存在をアピールしています𕾶

先日部屋に入ったMさんはやはり一匹の猫しか見ていないとのこと。
先ずは玄関を開けた途端飛び出した猫が逃げてしまわない様に、非常階段に通じるドアを閉めて貰い、エレベーターホールへのドアは防火戸なので勝手に開閉出来ないので、人に立って貰うことにしました。
マンション全体がオートロックなので建物からは逃げ出しにくいのがラッキーでした。

T先生と二人、簡易防護服で武装してからドアを開けて貰います。

直ぐにちゃとらさんが勢い良く鳴いて顔を出し、知らない私達に驚いてすぐ奥に引っ込みました。どうやら元気はある様です。
miemamaさん差し入れのご飯を出すと、その匂いで居ても立っても居られないらしく、細く開けたドアの隙間から顔を出して食べようとします。
キャリーに誘導するけど、今一歩で上手く入らない。
急いで捕獲機にご飯をセットし、再度チャレンジ。
目の色替えてご飯に向かって行く猫さん。お腹空いて空いて仕方ないんやね𕾶

086.jpg

程なく捕獲機に入った茶とらちゃん。
最初びっくりして慌ててたけど、ついでにおしっこ漏れちゃったけど(^^;それよりやっぱりご飯食べる方が先決でしてダッシュ(走り出すさま)
とにかく一生懸命食べてます𕾙

少しお腹が落ちつく迄食べて貰って、その間に部屋に入ることにしました。

が、、、
直ぐに諦めました。

玄関入った所には多分ダックスと思われる遺体。ぐちゃぐちゃの室内。。。
もう他の仔も生きては居ないでしょう。。。

亡くなった仔達の冥福を心より祈ります。
今度生まれ変わってくる時は、もうお腹空かせて辛い思いせず済むといいね。


𕾘管理会社の方と名刺を交換し、今後は健康診断を済ませて里親募集する旨伝えて、現地を引き上げました。

車の中でもまだご飯欲しいと鳴く茶とらちゃん(^^;
病院に戻ってもまだ食べる~と。
落ちつくまで先生がゆっくりウェットを与えて下さいました。
レボリューションして採血を,と思ったらいやがるいやがるバッド(下向き矢印)
でも抱っこも出来るし、やはり室内で可愛がって貰っていたことに間違いはない様。
そうこうするうち、お隣に住むメラニーさんと連絡がつきました。

087.jpg

どうやらこの仔の名前はギズモちゃん。
生後半年程でしょうか,ちょっと寄り目が可愛い女の子です。
健康状態は良好で、血液検査もどちらも陰性。
木曜には避妊手術して猫の幼稚園にやってくる予定です。


𕾘あの状態から二匹が助け出されたことは喜ばしいことなのでしょう。
でも、もっと助け出すこともできたはず。

部屋の住人が夜逃げしたのか事件や事故に巻き込まれて帰って来ていないのかは全く判りません。
でも水が出しっぱなしだったという話もあるので帰って来ないって確信して出て行ったのかもしれません。
いくら水があっても餌も無く逃げ場所もない所に生き物を閉じ込めていくとどうなるか。。。誰だって判りますよね。
飢えて餓死させる位なら、いっそ表に出してやる方が良かったのかもexclamation&questionと感じます。

もしも事件事故に巻き込まれて帰って来れないのなら。。。
その所為で犬や猫達迄もがこうして犠牲になるのなら、こんな哀しいことはありません。

今回の管理会社さんによると、こうして動物達を置いたまま立ち去るケースや帰って来ないケースは年間数件ある様です。
その度に社員さんが飼い主として迎え入れたり、ご近所に迎えて貰ったり,苦労されてるそうです。
それでもココ迄最悪のケースは。。。
今後はこれを反面教師にして、動物を飼育している契約者さんの事はもっと注意すると仰って下さいました。
犠牲になった仔達の命が次の犠牲を食い止める力になってくれれば、少しは報われるでしょうか。。。

𕾘私は一人暮しです。
私が部屋に帰らなければ、うちにいる番頭&専務初め園児達は飢えてしまいます。
なので、私の部屋のカギは数人の友人に渡してあります。
今迄恋人にも部屋のカギなんて渡したことありませんが、猫達のことを思えば幾重にも保険をかけておきたい所です。

財布の中には身分証明になるものと、ドナー意思表示カードがありますが、そこにはメモで部屋に猫がいるので、もしも私になにかあったらココに連絡して猫達の世話をお願いして欲しいと記しています。

なによりも、管理員さんや同じマンションのお隣さんと出来るだけ親密にしています。
仕事が忙しければ部屋に籠りっきりになるのですが、本当になにかあった場合には、きっとご近所もおかしいと気付いてくれるでしょう。

どうかお願いです、同じ一人暮しで生き物と同居されている方達には今一度、周りのサポート体制を確認して下さい。
いざという時駆けつけてくれる友人を必ず確保しておいて下さい。

一瞬先は見えません。
どんなことが起こるか予測不可能です。
でも大げさでなくてもお友達の協力があれば、きっと切り抜けられるはず。
どうか今回の様な最悪の状況がもう起きません様に。。。

𕾘そうそう、最初に保護された黒猫さんですが、23日にたまたま病院に退職の挨拶に来られた、その日迄お隣にお勤めされてた方の所に迎えて頂いて、ご家族に大事にして貰っているそうです𕾷
とても甘えたの可愛い子で,毎晩子供さんと一緒に寝てるんですってるんるん

きっとギズモちゃんも甘えたさんやろうね~𕾹
早う新しいお家探そうな~𕾔


晴れランキング参加中晴れ

アフィリエイト同様、保護猫達の為にポチポチッと宜しくデス(^-^)

banner_04.gif

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
posted by いよだとばん&むう at 19:38| Comment(22) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
健ママ、毎度です♪
最初にお話したときはまだどうにもなってない時期でしたもんね。心配かけてごめんなさいね。
捨て猫するのはあかん!けど、こんな風に餓死するのなら外で生き延びる可能性に賭けた方が親切!?って感じてしまいました(^^;
でもやっぱりそうなる前になんとかしなきゃ、やね!
Posted by いよだとばん&むう at 2007年02月04日 00:35
みっちゃんさん
おひさ~~(^-^)
ほんまに一人暮しはこんな時にしっかり対処考えとかへんといけませんよね。
そのうち互助会みたいなので来たらええのかなあ?なんてかんがえてしまいました(^^;
Posted by いよだとばん&むう at 2007年02月04日 00:33
きつねさん
おヒサです(^-^)
結局何匹犠牲になったのは、ナゾのママなんですが(;_;)
二匹にはその子達の分迄幸せになって欲しいです。
きつねさん始め皆さんの応援が届いて、ギズモちゃんも幸せにゃんこです♪
Posted by いよだとばん&むう at 2007年02月04日 00:31
miemamaさん
毎度で~す(^-^)
ほんまにあっという間の出来事でしたね。
お互いええ経験だったということで。。。(^^;
金曜にT先生から素敵な家族の元にいったからね~って電話も頂きました。ほんまに良かったですね♪
Posted by いよだとばん&むう at 2007年02月04日 00:29
こなつまま☆Nさん
ほんまに飼い主さんの身に一体何があったんでしょうね。
あの子たちのこと今も思い出してくれてるでしょうか。。。
こなつまま☆Nさんみたいな人ばっかりやったら、きっと世の中もっと平和やろうになあって思います(^-^)
Posted by いよだとばん&むう at 2007年02月04日 00:27
R&Dさん
ほんまに貴重な体験でもありました。
今回であった関係者はみな善意で動いて下さったし、短期間で問題解決できたし。
この経験を活かして次に、って神様の段取りなんでしょうか~~(笑)
エラいもん見てもうた。。。ってのは正直な感想ですが、ギズモちゃんもすぐに幸せになれたし、亡くなったこの冥福を祈りつつ気持ちを切り替えて、次に進んで行きたいと思います(^-^)
Posted by いよだとばん&むう at 2007年02月04日 00:25
あくび猫さん
自分の健康管理。。。これはいよだ一番手抜きかもしれません(^^;
たま~に風邪ひくくらいで至って頑丈に出来てますが、そろそろ考えないといけませんよねえ(;_;)
Posted by いよだとばん&むう at 2007年02月04日 00:22
きらりさん
毎度で~す(^-^)
うう~~ん、脱走対策といざという時の避難って、両方実現は結構難しいですね。
うちももう少し知恵しぼらなあかんなあ(^^;
有り難いご意見ありがとうございます!
Posted by いよだとばん&むう at 2007年02月04日 00:20
まりぃさん
ようこそいらっしゃいませ(^-^)
ほんまに考え得させられる事件でした。
お互い猫サン達が健やかに過せる様に、色々知恵絞りましょうね。
是非又、授業参観にいらして下さいね~(^-^)
Posted by いよだとばん&むう at 2007年02月04日 00:18
まゆぽんさん

ハイおかげ様でギズモちゃんも素敵なお家にお嫁入りです(^-^)
応援ありがとうございました!
Posted by いよだとばん&むう at 2007年02月04日 00:16
みぃしゃさん
思いがけず初レスキューはあっと言う間に終了です(^-^)
良かった~!

取りあえずレディ様にはもう少し、猫の幼稚園でご機嫌伺いして行きま~す(^^;
Posted by いよだとばん&むう at 2007年02月04日 00:15
いよだ園長お疲れ様でした。。。
先週木曜にお話を聞いて、とても気になっていました。いよだ園長の行動力と勇気にはいつも敬服します。餓死って一番つらい死に方って聞きます。犠牲になった子達を思うと涙があふれてきます。本当に残念でなりません。きらりさんが書かれている通り、飼い主さんの身に何もなければよいのですが、「飼い主の責任」を深く重く受け止めました。私達も何か対策を、と主人と話し合いました。
Posted by 健ママ at 2007年01月31日 12:26
私も独り暮らしなので明日は我が身と受け止めて
読ませていただきました。
その飼い主さんに何があったのか分かりませんが
動物達が犠牲になってしまった事、本当に悲しくて残念です。
いよださんの行動にも頭が下がる思いです。
ありがとうございました。
私も今居る5匹を送ってからしか死ねないと思ってても
独りだと何が起こるか分かりませんので日頃から
自分自身の健康管理とご近所付き合いは大切ですね。
改めて肝に命じました!
1匹だけ生き残ったギズモちゃんには絶対幸せに
なってもらいたいです。
Posted by みっちゃん at 2007年01月31日 11:40
お疲れ様でした。
飼い主にどんな事情があったのか判りませんが、2匹だけでも助かってよかった。
肉体的にも精神的にもお疲れでしょう、早くその疲れが取れますように。

黒猫さんに続いてギズモちゃんにも、新しい良い『お家』が早く見つかると良いですね。
Posted by きつね at 2007年01月31日 10:39
いよだ園長、本当にお疲れ様でした。
同行出来なくてすみませんでした。
あの晩、T先生からもお電話を頂いてお話は
聞いていましたが、ブログで詳細を拝見すると
涙が止まりません。。。

きのうも先生から夜9時半頃にお電話いただきました。
そんなに遅くまで・・と聞くとかわいくて帰れないと
おっしゃってくださって。この子は毎晩、一人で暗い中、
怖かったろうからと病室も電気を点けたまま帰って
くださっているそうです。先生のやさしいお心に
感謝感謝です𕾶
ずっとお膝の上で先生に甘えている子で本当に
かわいがられていたんだと思うと言っておられました。
今度は新しいおうちでゆっくりと暮らして欲しい・・
と先生からのご希望です。

悲惨な状況のなか、ギズモちゃんはよく耐えました。
金曜日に里親サイトへ掲載いたしますね。
きのうかわいいお写真、撮ってきました。
手足が細くてちょっと痛々しかった。。。
これだけ強運の持ち主だからきっと優しい里親様と
出会えるに違いないですね。しばらく保護頂くことに
なりますがよろしくお願いいたします
Posted by miemama at 2007年01月31日 10:30
大変な事が・・・驚きました。
残念ながら亡くなっていた犬達も、見つけてもらった事、友達2匹だけでも助けてもらった事、きっと感謝していると思います。
読んでいるだけで泣いてしまうような私には、成しえない勇気あるいよだ様の行動・・・頭が下がります。
飼い主さんの事情は不明ですが『あなたがいないと生きていけない命、どのような判断になったとしても、あなたの手で最後まで責任を持って欲しかった』と伝えたいです。
これまで、保険所行きのwan×1/捨てられたwan×2・nyan×5/もらったwan×1と、過ごしてきて、今回のような事を知る度に、疑問に思うのは<彼らの信頼を裏切るなんてひどい事ができる人は、どんな思いで飼いはじめるのか??>という事。何故なんでしょうか??

レスキューに関られた皆様、つらい体験、本当にお疲れさまでした。
Posted by こなつまま☆N at 2007年01月31日 04:09
本当に、本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとうございます。
この度のレスキューに携わった方々のお陰で2つの命は救われました。
情報収集、各方面での交渉等
誰にでも出来る行動ではありません。
目にされた光景がすぐに記憶から消えてくれたらいいんですが…
読んでいくうちに想像出来てしまうくらいリアルに私の頭の中に映像が浮かんできてしまいます。
どうか精神的なお疲れが1日でも早く癒されますように祈っております。
Posted by R&D at 2007年01月31日 00:43
ご近所づきあいや友人づきあい、そして、自分の健康管理がとても大切ですね。

今回のようなことにならないよう、私も気をつけたいと思います。
Posted by あくび猫 at 2007年01月31日 00:17
お疲れ様でした。なくなった子たちのご冥福をお祈りします。今回の事は他人事ではありません。
私も一人暮らしのようなもの(高齢の母同居)なので、考え込んでしまいました。私にもしものことがあれば、高齢の母と7匹の子たちの行く末はどうなるかといつも心配です。母は姉が引き取るとして7匹もの猫は面倒見てくれるだろうか?私の生命保険金等で最後まで面倒見てくれるだろうか?最後は姉妹愛を信じるだけです。でもそうならないよう、健康と事故には細心の注意をして、留守中の火災などのために、猫の逃げ道もつくってます。命はお金では買えないですものね
ここの飼い主が事件に巻き込まれていないことを願いますが、責任放棄したのであれば、あまりにも罪は深いですよね。
Posted by きらり at 2007年01月30日 22:58
はじめまして大阪に住んでおりますまりぃと多します。前の会社が西中島だったので気になってよく拝見させていただいておりました。私も一人暮らしで猫を飼っています今回の記事で私も自分の身に何かあったときや災害がおこったときのことをかんがえなくてはいけないな…と思いましたきっかけをあたえてくださってありがとうございます。またかわいい猫ちゃんたちとふれあいに授業参観にお邪魔させてくださいね。
Posted by まりぃ at 2007年01月30日 22:17
いろいろお疲れ様でした。
無責任な飼い主には怒りを抑えられませんが、
とにかく救出できた子が居るだけでも良かったです。

私も一人暮らしですし、いろいろ思うところがありますが、
どんな状況になっても10ニャンコは守るつもりです。。

頑張ってきたギズモちゃんには
必ずステキなお家が見つかると確信しています。
Posted by まゆぽん at 2007年01月30日 22:08
レスキューご苦労様でした。
2匹だけでも救い出せて良かったですね。
飼い主さんに何があったのかはわかりません。
でも、猫だって犬だって生きてるのに、物じゃないのに・・・。
ギズモちゃん、寄り目ちゃんで可愛い!
ひもじかったよね、怖かったよね・・・。
そんな事忘れさせてくれる素敵な家族が
早く見つかって欲しいですね。

↓レディ様お帰りあそばしたようで・・・。
大丈夫ですよ、きっとレディ様のお気に召す
シモベがいつか必ず現れますよ。ねっいよださん!
Posted by みぃしゃ at 2007年01月30日 20:03
コメントを書く
コチラをクリックしてください