2010年08月13日

きよしの退院と訃報

腎不全闘病中だったきよしですが、
本日21時30分頃逝去致しました。

0373.jpg

火曜日に入院したきよし。
集中的に治療を続け、エコー検査やレントゲンで、左の腎臓から膀胱へ出ている尿管が肥大=尿管の一部で狭窄している状態が見つかり、また膀胱内部でも炎症が見つかって、腎不全だけではなくそれらも含めた治療を開始しようとしたのですが…


きよしの体力の方が持たないようで、13日午前中に病院から連絡を貰い、相談して午後になってとんちゃんと二人で迎えに行って来ました。


もう十分、がんばってくれたき〜ちゃんです。
後はゆっくり、猫の幼稚園で静かな時間をと願ってのことですが、そうはいってもやはりき〜ちゃんの身体が少しでも楽になるようにと、静脈点滴は外さず機械毎お借りしての退院でした。

0374.jpg

猫の幼稚園に戻り、馴染んだケージに落ち着いたき〜ちゃん。


後どのくらい、時間が残ってるんだろうって状態です。



夜になって、き〜ちゃんの事をずっと気にかけて応援してくれたこなつママさんが駆けつけてくれて。

S神さんとR君親子が来てくれて。

私が仕事で出かけた後いよいよ具合が悪くなり、小一時間程して亡くなりました。

こなつママさんととんちゃんに優しく撫でられ乍らの旅立ちだったそうです。




き〜ちゃんは私のことをずっと怖がって嫌っていたので、どうやら私が留守にする間に逝く様に、段取りしたようで…



S神さんに「き〜ちゃんらしいね」って言われました。
ほんまにそうやね…



き〜ちゃんが入園したのは2006年10月21日。
おおた師匠からの預かり猫さんでした。
同期の猫さんは横隔膜ヘルニアで九死に一生を得たもふ君達がいます。

き〜ちゃんは丁度この8月で4歳になったばかりでした。

0377.jpg

入園した頃から虚弱で、もう既に片目は白濁していたき〜ちゃん。
大人になってから目を覆っていた膜を切開して貰って、ぱっちり綺麗な目にはなったけど…

0375.jpg

それ迄にさんざん目薬さしたり投薬したりを繰り返していた私には、すっかり怯えて心を閉ざしていました。


とんちゃんが手伝いに来てくれる様になり、他の仲間もどんどん増えて、かくれんぼ猫だったき〜ちゃんと皆との距離にも変化は見られたけれど、やっぱり私の事は最期迄怖かったみたいです。

それでも、ご飯の前にはごろごろすりすりしてくれる様になったのは嬉しかったなあ。

0376.jpg

き〜ちゃんの事、応援して下さってた皆さん、長い間ありがとうございました。
き〜ちゃん、本当によく頑張りました。
前回の入退院の後、思いがけず状態の良い数ヶ月を過ごせた事を心から感謝します。
き〜ちゃんと、き〜ちゃんをお世話した私達皆にとって、とても大事な時間となりました。

どうぞ皆さん、頑張ったき〜ちゃんを誉めてやって下さいね。
き〜ちゃんの御霊が安らかでありますように、合掌。




晴れランキング参加中晴れ


アフィリエイト同様、
保護猫達の為にポチポチッと宜しくデス(^-^)

banner_04.gif

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

猫「猫 里親募集ランキングへ」
posted by いよだとばん&むう at 00:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きよし君、調子いいみたいってほっとしていた矢先、こんなに早く……

まだ四歳なのに……体の中で何が起こっていたんだろう?と考えるだけで悔しい思いでいっぱいです。

きーちゃん、いよださんちの子でよかったと思います。
ご冥福をお祈りします。
Posted by おがまい at 2010年08月15日 12:15
きぃ~ かえ~
Posted by きらり at 2010年08月14日 21:35

きよしちゃんとってもがんばったんだね

えらいね、ほんとにえらいね

今はゆっくり安らかにね

合掌。
Posted by mikesaba at 2010年08月14日 16:57
きーちゃんのご冥福をお祈りいたします。

幼稚園に一度遊びに行かせて頂いた時、抱っこさせてもらいましたね。
最後の写真がそうですね。
きーちゃんを抱っこしたこと、忘れないよ!

きーちゃん、ゆっくりやすんでね。
Posted by はなうたにゃん太 at 2010年08月14日 15:41
あまり交流は出来なかったけどいつものあの場所にもういないのかと思うととても寂しいです。

きよし君、安らかに…。
Posted by ま~ at 2010年08月14日 07:21
そんな・・・ブログ開いて、まず言葉を失ってしまいました・・・。
くるま君に続いてのことだったので、幼稚園の方々にとって衝撃の出来事だったと思います。
しかし、き~ちゃんもくるま君同様最後まで精一杯生き抜いたということが救いですね。

実際会ったことないにゃんこたちですが、毎回こちらのブログを通じて、癒してくれるにゃんこたちなのでこういった知らせはホント悲しいです。

旅立ったにゃんこたちの分まで、今いる園児たちが幸せな日々をおくれますように・・・。
Posted by チャチャ at 2010年08月14日 04:35
コメントを書く
コチラをクリックしてください